初心者は、内国為替も知っとこ!

初心者とれーだーです。こんにちは。
今年はなんだか夏らしくないですね。エアコンが要らないくらいの涼しい夏です。
初心者とれーだーは部屋にこもってFXばかりやっています。笑

さて、前回は外国為替のお話しでしたので、今日は内国でしょ!(単純・・・)
内国為替とは、国内における為替取引を言いますが、こちらも大まかに分けて説明をしていきたいと思います。

下に書いてあるのものはすべて、「国内での現金輸送を伴わない決済」となります。ここを初心者さんなら特にしっかりと覚えておきましょう。

■手形
手形が為替の一つであることは、以前お話ししたかもしれません。手形って、企業に勤めている人、特に経理担当の方なら見たことがある人も多いでしょう。
手形を発行した人は、手形に名前が書かれている人や会社に対し、その額面のお金を支払うことを約束します。支払期日も当然かかれています。また、この手形は、受取人が裏書することで第三者に譲ることもできますし、さらには銀行に割り引いてもらって、支払いの期日前に現金化することもできますよ。

■小切手
小切手は手形の仲間なので、これも為替にあたるんです。
小切手は、受取人に支払いすることを、金融機関に委託する有価証券になります。
小切手に名前を書かれた人に対し、小切手の発行した人の銀行口座から、そこに書かれたお金が振り込まれるシステムで、立派な為替にあたります。

■銀行振替
意外なことに、銀行振替も内国為替にあたるんです!
私たちが最も身近な為替かも?!
初心者とれーだーもネットショッピングなどでよく使っています。

経済